書籍『意識はいつ生まれるのか─脳の謎に挑む統合情報理論』の画像

意識はいつ生まれるのか─脳の謎に挑む統合情報理論

マルチェッロ・マッスィミーニ、ジュリオ・トノーニ(著) 花本知子(訳)

亜紀書房

2015年

2021 脳とココロ

2-05

脳の最大の謎「意識」は
どのように生まれるのか?

解剖実験中、手のひらに脳を載せ、数時間前までその中に、知識、記憶、夢など全てが宿っていたことに愕然とした−。著者・精神科医トノーニの学生時代の思い出から本書は始まる。ただの物質である脳に、どうして意識が宿るのか?革新的な統合情報理論「Φ理論」によってその正体に迫っていく。

推薦コメント

この本がすごいのは、「人間の意識という捉えどころのないものを、科学がどう扱うのか?」という枠組みを最初に提唱したところです。意識の解明という難題に著者、ジュリオ・トノーニがどうアプローチしたのか、発想の仕方や試行錯誤のプロセスに注目して楽しんでもらいたいです。

「赤石れいさん」の画像

赤石れい

脳神経科学研究センター 理研CBS-トヨタ連携センター 社会価値意思決定連携ユニット ユニットリーダー

推薦コメント

脳科学の最先端で、意識のメカニズムに迫ろうとする研究者の迫力と興奮が伝わってきました。研究は一人ではできません。こうした自身の研究のワクワク感を周囲に伝え広めていくことは、研究者としてとても大切なことだと思います。

「中村泰信さん」の画像

中村泰信

量子コンピュータ研究センター センター長

あわせて読みたい

脳とココロ