書籍「光と物質のふしぎな理論─私の量子電磁力学」の書影

光と物質のふしぎな理論─私の量子電磁力学

R.P.ファインマン(著)釜江常好、大貫昌子(訳)

岩波書店

2007年

2022 光を追いかけて

2-14

ファインマンさんが挑戦!
量子電磁力学を平易に語る

「あなたは何を研究しているの?」。聞かれて説明に困ったノーベル賞物理学者ファインマンが、自身の研究内容である量子電磁力学について、わかりやすく伝えることに本気でチャレンジした。光と電子の相互作用についてユーモアを交えて語った、連続講義の書籍化。

推薦コメント

笑いながら読める物理の本は、ファインマンさんが書いたもの以外はないんじゃないでしょうか。私も授業で量子科学を教えているので、数式を使わず一般向けにこの分野の話をすることがどれほど難しいか、身に染みてわかります。物理学への敷居を下げてくれる本当に楽しい本です。

あわせて読みたい