menu

KAGAKUDO 100BOOKS 科学道100冊 「知りたい!」が未来をつくる

PROJECT

科学道100冊プロジェクトとは

科学道100冊は、書籍を通じて科学者の生き方・考え方、科学のおもしろさ・素晴らしさを届ける事業です。

日本で唯一の自然科学の総合研究所である理化学研究所(理研)と、本の可能性を追求する編集工学研究所が手をとり、2017年に展開を開始。2019年秋からは、毎年恒例の企画としてリスタートしました。

「科学」と「本」という両研究所の強みを生かし、中学生・高校生を中心とした幅広い層に科学の魅力を多様な視点から継続的に伝えるべく、活動を続けています。

科学道100冊委員会

代表メッセージ

理化学研究所 理事長松本 紘

松本 紘

中学生や高校生が、科学に興味を持つきっかけになれば嬉しいです。 みんながみんな科学者になるわけではないですが、 科学の成果を世に役立てるということについて、 より多くの若い人たちに想像力を持ってもらいたいです。 理化学研究所には立派な研究者がたくさんいます。幅広いジャンルの本を集めて、 彼らの本に対する情熱が伝わるような100冊にできればと思います。

編集工学研究所 所長松岡 正剛

松岡 正剛

理化学研究所が「科学道100冊」を進めることは、日本にとって非常に大事なスタートだと感じています。 すでに研究者の方々から素晴らしい推薦をいただき、私のような専門外の者でも科学への憧れを抱くような本が ズラッと並んでいます。一番大事なのは子どもたちが理科少年、理科少女としてキラキラした夢を持てること。 そんな本との出会いを演出したいです。

「科学道100冊」選書の舞台裏はこちら

記者発表でのメッセージはこちら

科学道100冊委員会について

科学道100冊委員会は、理化学研究所と編集工学研究所による組織です。

※事務局は編集工学研究所内。

【科学道100冊委員会】
https://kagakudo100.jp

提供

1917年創立。国内唯一の自然科学の総合研究所として、物理学、工学、化学、数理・情報科学、計算科学、生物学、医科学などに及ぶ広い分野で研究を進めている。

【国立研究開発法人理化学研究所】
http://www.riken.jp

企画制作

所長・松岡正剛のもと編集工学を活用した企画・開発事業を展開。実験的書店空間「松丸本舗」や、良品計画の「MUJI BOOKS」、近畿大学「アカデミックシアター」など数多くの選書&本棚空間プロデュースを手掛けるほか、本を活用した共創型組織開発メソッド「Quest Link」も。ほか、コンセプト開発、企業研修、情報編集力を見につける「イシス編集学校」の運営など。

【株式会社編集工学研究所】
https://www.eel.co.jp

科学道100WEBサイト

イラスト:くにもとゆかり
デザイン:佐伯亮介
WEB制作:株式会社YOHAKU

活動実績について

科学道100冊 2017

科学道100冊 2017

【開催期間】2017年2月~2018年3月
【開催実績】全国428カ所で開催(書店146店舗、図書館193館、教育機関89校)
開催実績一覧
【企画概要】科学者の思考プロセスを6つのステージで取り出して、100冊の本とともにご案内しました。(100冊ラインナップはこちら

科学道100冊ジュニア

科学道100冊ジュニア

【開催期間】2017年10月~2018年3月
【開催実績】全国757カ所で開催(書店368店舗、図書館251館、教育機関138校)
開催実績一覧
【企画概要】幼児から小学生、中学生の子どもに向け、科学の入り口となる100冊をご紹介しました。(100冊ラインナップはこちら

科学道100冊 2019

科学道100冊 2019

【開催期間】2019年9月26日~2020年
【企画概要】2019年度から、毎年恒例の企画としてリスタート。 旬のトピックなど3つの軸で選んだ「テーマ本」50タイトルと、時代をこえる良書として選んだ「科学道クラシックス」50タイトルの合計100タイトルで構成されています。 2019年の3つのテーマは「元素ハンター」「美しき数学」「科学する女性」です。(100冊ラインナップはこちら