menu

探究型読書クエストリーディング®NOTE 予約販売を開始

理化学研究所と共に科学道100冊を展開している編集工学研究所は、学校で科学道100冊の書籍をより活用してもらうため、読書体験を記録する「科学道100冊 探究型読書クエストリーディング®NOTE」を開発しました。探究型授業や毎日の読書タイム、長期休みの宿題、ホームルームなどでもお使いいただけるノートです。
この度、予約販売を開始いたします。(50冊単位での購入・1冊単価300円。詳細は以下をご覧ください)

探究型読書クエストリーディング®NOTE

「探究型読書」とは?

編集工学研究所が提唱する「探究型読書」は、科学者のような探究心を引き出す“本の読み方”です。
科学道100冊には“「知りたい!」が未来をつくる”というキャッチコピーがついていますが、好奇心こそが科学者を研究に向かわせる最大の燃料。「探究型読書」は自分の中の新しい好奇心に出会うことを大切にします。

 

本の内容を完璧に理解しようとするよりも、本によって疑問や連想、想像力が動く状態にすることを目指します。1冊を読み切ることだけにこだわらず、たくさんの気になる本を次から次へと開いてみることをお勧めします。

「探究型読書」のコツ

読書をダイナミックな探究活動にするには、読む「前」と「後」にひと手間かけることが大切です。
いきなり本文を開かずに、表紙や目次をじっくり見て本の中身を想像してみる。読み終わったら放っておかずに世の中や自分の興味とつなげてみる。そうすると、読む前に「これを知りたい!」という気持ちが生まれ、読んだ後にもまた次の問いが浮かんできます。
「読前・読中・読後」を意識すると、知りたい!という気持ちがぐるぐると連鎖し始めるのです。

「探究型読書クエストリーディング®NOTE」とは?

「クエストリーディング®NOTE」は、探究型読書を進めていくことを目的とした、本への好奇心や探究心を書き留めていく読書記録ノートです。
ただ単に感想を書くだけではなく、「この本で気になるところ(読前)」「心にひっかかったポイント(読中)」「ふと思い浮かんだこと(読後)」などを記録できるのが特徴です。
ノートを使っていくうちに、本の読み方も変わってくるはずです。

3つのパートからなる「クエストリーディング®NOTE」

クエストリーディング®NOTEは3つのパートで構成されています。

Part1 科学道クラシックスを読もう!

「科学道クラシックス」50冊の読書を記録するパートです。
「科学道クラシックス」は理化学研究所の研究者などからアンケートを集め、その中から選定した「大人になる前に出会ってほしい科学道の本」。時代を経ても古びない良書50冊です。
Part1 科学道クラシックスを読もう

記録欄を埋めていくことで自然と探究型読書のプロセスに沿った読書ができるように設計されています。「読前・読中・読後」それぞれの欄に記入します。

      【読前】表紙や目次から何が書かれているか想像してみよう!
      【読中】読みながら心にひっかかったことを3つ書き留めよう!
      【読後】読み終わって思い浮かんだこと、連想したことを残そう!

ゲーム感覚で本をパラパラめくるだけでも良いので、できるだけたくさんの本を手にとって、読書欄を埋めていってください。科学の多様な側面が体感できるはずです。

 

Part2 3冊の本でテーマを探究しよう!

3冊の本を使いながら、独自のテーマを探究していくパートです。
ページには、テーマ記入欄と、1冊ずつの記録欄、3冊読んで気づいたことの記録欄があります。
 
すでに探究したいテーマがある場合は、それに沿って3冊の本を選んでください。
まだ探究テーマがない場合は、直感的に3冊を選び、そこから自分が気になるテーマを浮かび上がらせるという使い方もできます。本を通して、自分の中にある好奇心が見えてくるはずです。
 
どうしてもテーマの設定が難しいときは、例えば「“生きてる”ってどういうこと?」「心はどこにあるの?」「本当に火星に住めるようになる?」などのテーマ例一覧のページがあるので、そちらを参考にしていただけます。
Part2 3冊の本でテーマを探究しよう
※レイアウトはすこし変更する可能性があります。
 
1冊ではなく3冊をまとめて読むことで、頭のなかで繋がりが生まれ、自分だけの探究領域が見つかるかもしれません。

 

Part3 オススメ本を紹介しよう!

これまで読んできた本の中でみんなにオススメしたい本を選び、「紹介カード」を作成するパートです。
Part3 オススメ本を紹介しよう
※レイアウトはすこし変更する可能性があります。
 
その本を読んだきっかけ、好きなところなどを整理したうえで、紹介カードに記入していきます。イラストや文字を工夫をして、クラスメートたちの読みたい気持ちを刺激するカードを作りましょう。
 
図書室や教室などに掲示していただければ、みんなが本に出会うきっかけにもなります。

探究型読書クエストリーディング®NOTE
 
■仕様

  • ・B5サイズ(一般的なキャンパスノートと同じ大きさ)
  • ・全52ページ/フルカラー

 
■販売について

  • ・学校さま向けに50冊単位で販売予定
  • ・価格は50冊15000円(単価1冊300円/税別)※送料不要

 
■申込み方法

  • ・予約申し込み方法:お問い合わせページ下部のフォームからお問い合わせください。
  • ・申込みいただいた方には、12月上旬から順次発送いたします。

 
■ご購入者特典
ノート内の「オススメ本紹介カード」の活用成果をお送りいただきましたら、当サイト内で記事として紹介させていただきます(希望者のみ)。詳細は購入後にお知らせします。
 
■その他
本件に関する問い合わせは、お問い合わせページ下部のフォームに必要事項を入力し送信してください。

 

クエストリーディング®NOTEの活用法

ノートの開発にあたり、科学道100冊を展開してくれている中学・高校のうち、20校ほどにモニター校としてご参加いただき、各学校の活用法を伺いました。ぜひ参考にしてください。

参加校の声

山崎学園 富士見中学校高等学校

「本校では高1全員に配付し、探究学習のはじめのテーマ設定に活用しました。どんな本を読んだらよいかわからない生徒にとっては、まずはこれから読んでみようというきっかけづくりになりました。」
 

北陸学院中学校・高等学校

「以前から中学の理科の授業の一環として、科学道100冊を使ってビブリオバトルを実施していましたが、今回のノートは国語科の授業で活用しました。“オススメ本紹介カード”をつくり、新入生に向けて掲示します。」
オススメ本紹介カード

 

茨城県立水戸工業高等学校

「高校1年生の国語総合の授業でノートを活用しました。ノートの3パートのいずれかを使用して、ビブリオバトルで紹介する本の内容やPRポイントをまとめました。」
 

横須賀学院中学校・高等学校

「以前から理科の授業の冒頭10分間で理読(理科読書)という時間を設けており、その理読の時間にノートを使用しました。長期休みの宿題にも“オススメ本紹介カード”を課題にする予定です。ノートを気に入っている子が多かったので、1学年内で終わらせず、3年間継続的に利用したいです。」