menu

子どものための科学絵本

【おすすめ科学絵本①】宇宙に思いをはせる10冊(幼児〜小学生)

秋はお月見の季節。しかも2019年は、アポロ11号で人間が初めて月に降り立ってから50年の節目の年。子どもたちが大人になる頃にはもっと宇宙が身近になっているはずです。

 

このコーナーでは、幼い子どもから小学生のための科学絵本をご紹介します。今月は、月や宇宙についての本を10冊選びました。子どもはもともといろいろなものに興味を持つものです。これらの本は、子どもの興味をまさに宇宙に広げてくれることでしょう。

 

月へ アポロ11号のはるかなる旅

月へ アポロ11号のはるかなる旅

ブライアン・フロッカ/作絵 日暮雅通/訳

月へ

偕成社

2012年 本体価格:1500円

月に降り立ったアポロ11号、この本には、その発射から地球への帰還までがていねいな絵で描かれている。今、改めてその偉業を見直してみて、新たな夢を掻き立てられる。月面に降り立ったアームストロング船長が振り返って仰ぎ見る青い地球……、その絵に人類の未来への希望を感じる。一押しの絵本。

 

月へ行きたい たくさんのふしぎ傑作集

月へ行きたい たくさんのふしぎ傑作集

松岡徹/文・絵

月へ行きたい

福音館書店

2014年 本体価格:1300円

今は、超高層ビルの上までエレベーターで簡単に行くことができる。それじゃ、月までは?そんな宇宙エレベーターも夢ではない。この本には、奇想天外な方法も含めて、さまざまな月へ行く方法が紹介されている。もちろんアポロロケットの詳しい図と説明もある。これから人類はますます月に行こうとしているとき、この本は、子どもたちに月旅行の夢を与えてくれるに違いない。

 

おつきさまこっちむいて 幼児絵本ふしぎなたねシリーズ

おつきさまこっちむいて 幼児絵本ふしぎなたねシリーズ

片山令子/ぶん 片山健/え

おつきさまこっちむいて

福音館書店

2010年 本体価格:800円

「おつきさまの形がちがってる!」月の形の変化に気づきはじめたお子さんにぴったりの本。この本は細い月から満月まで、だんだん満ちていく月と男の子が主人公。読み終わったら、さっそく月の形を確かめたくなる。

 

もっと幼い子どもには、おちゃめな満月に呼びかける『おつきさまこんばんは』(林明子/さく 福音館書店 1986年 本体価格:700円)。

 

小学校低学年には、すっきりした写真とイラスト、簡潔な説明がわかりやすい『月のかがく』(えびなみつる/絵と文 渡部潤一/監修 中西昭雄/写真 旬報社 2011年 本体価格:1400円)もおすすめ。

 

ぼくのいまいるところ(かこ・さとしかがくの本)

ぼくのいまいるところ(かこ・さとしかがくの本)

かこさとし/著 太田大輔/絵

ぼくのいまいるところ

童心社

1988年 本体価格:1200円

『からすのぱんやさん』等でおなじみの絵本作家・加古さんの科学の本。

 

大きな目のアップから始まって、庭、町、日本……大宇宙まで広がって、最後には「だいうちゅうのなかの、ぎんがけいのほしのあつまりの、たいようけいのなかの……そのにわに、ぼくはいまいるのです。」と一気に戻ってくる。呪文のように「だいうちゅうの……」と唱え始める子どもたち。時代を超えて人気の絵本。

 

親子で楽しむには『宇宙の地図Cosmic Atlas』(観山正見/著 小久保英一郎/著 朝日新聞出版 2011年 2000円)も。国立天文台から宇宙の果てまで10mのx乗でどんどん広がる写真が迫力満点。

 

きみは宇宙飛行士!宇宙食・宇宙のトイレまるごとハンドブック

きみは宇宙飛行士!宇宙食・宇宙のトイレまるごとハンドブック

ロウイ―・ストーウェル文 竹内薫/監訳 竹内さなみ/訳

きみは宇宙飛行士!

偕成社

2018年 本体価格:1200円

宇宙飛行士やそのミッションを助ける人になりたい子どもにうってつけ。選考、訓練、出発、帰還について、順を追って具体的にイラストとともに紹介されている。たとえ宇宙飛行士の条件に合わなくても、宇宙に関わる仕事はたくさんあることもわかる。

 

もっと幼い子どもには、すっきり明るい絵の『うちゅうひこうしになりたいな』(バイロン・バートン/さく ふじたちえ/やく ポプラ社 2018年 本体価格:1400円)もどうぞ。

 

『もしも宇宙でくらしたら』知ることって、たのしい!2

『もしも宇宙でくらしたら』知ることって、たのしい!2

山本省三/作 村川恭介/監修

もしも宇宙でくらしたら

WAVE出版

2013年 本体価格:1300円

誰でも宇宙に行ける時代はすぐそこに。この本は、宇宙ステーションで暮らす小学生のひかる君が、無重力の宇宙での生活を紹介する。トイレも、洗顔も、集団登校、ドッジボールに跳び箱、給食も思わぬ事態に。頭をぶつけて涙が出たら、涙は丸まって目のくぼみにたまるし、血が出たら赤いビーズのようになってくっついたまま。宇宙の暮らしがグッと身近に感じられる。

 

同じ作者の『もしも月でくらしたら』は、日本の月面探査船かぐやが見つけた巨大な横穴に暮らす小学生が主人公。あわせてどうぞ。

 

惑星MAPS 太陽系図絵 もしも宇宙を旅したら もしも宇宙でくらせたら

惑星MAPS 太陽系図絵 もしも宇宙を旅したら もしも宇宙でくらせたら

宇宙兄さんズ/文 イケウチリリー/絵

惑星MAPS

誠文堂新光社

2018年 本体価格:2000円

「火星って地球と似てるね!」見開きいっぱいの火星の写真、まるで地球の岩石まじりの砂漠のよう。この写真に子どもたちから歓声が上がる。地球と共に太陽のまわりをまわっている惑星をつぎつぎと旅するメンバーは3人、ゆかいな旅がイラストで紹介されている。ダイヤモンドがふる海王星、土星の北極の六角形のうずも紹介されていて、各惑星の説明も最新データを基にしている。

『宇宙について知っておくべき100のこと』インフォグラフィックスで学ぶ楽しいサイエンス

『宇宙について知っておくべき100のこと』インフォグラフィックスで学ぶ楽しいサイエンス

アレックス・フリス/文 アリス・ジェームス/文 ジェローム・マーティン/文 フェデリコ・マリアーニ/イラスト ショウ・ニールセン/イラスト 竹内薫/訳・監修

宇宙について知っておくべき100のこと

小学館

2017年 本体価格:1500円

「宇宙探査に莫大なお金をついやすべきだろうか?」この問いへの答えがノーなら「そのお金をほかの問題を解決するために使うべきだ。」、イエスなら「宇宙飛行士たちを長い宇宙飛行ミッションに送ることで、その命を危険にさらすべきだろうか?」と問いは続く。子どものための本では初めて、倫理的な視点で書かれたもので、フローチャートに沿って考えさせてくれる。ほかにも宇宙についての情報がイラストとともに100項目もぎっしり詰まった本。

ぼくはうちゅうじん ちきゅうのふしぎ絵本

ぼくはうちゅうじん ちきゅうのふしぎ絵本

中川ひろたか/ぶん はたこうしろう/絵

ぼくはうちゅうじん

アリス館

2014年 本体価格:1400円

「うちゅうじん」といっても、宇宙の一員という意味から宇宙を見ている絵本。星座の話から始まって、月、太陽、惑星、恒星、宇宙へと話が広がる。夜空の星を眺める体験とセットで読みたい。

 

もう少し幼い子どもには、『空のうえにはなにがある?』(マイク・マニング/さく ブライタ・グランストローム/さく せなあいこ/やく 評論社 2005年 本体価格:1300円)。階段からどんどん高いところに上って行って、宇宙まで行って帰ってくるという明るく楽しい本。

 

『リボンのかたちのふゆのせいざオリオン』かがくのとも傑作集

『リボンのかたちのふゆのせいざオリオン』
かがくのとも傑作集

八板康麿/写真と文 杉浦範茂/絵と構成

オリオン

福音書書店

1991年 本体価格:757円

並んだ3つ星は、オリオン座! 大空の中で星座を見つけるのはなかなか難しいが、オリオン座は一番見つけやすいはず。この本には、幼い子どもとどうやってリボンの結び目にあたる3つ星を探すか、手順がたのしく書いてある。科学や宇宙への興味を広げる第一歩になる。

 

同じ著者の『スプーンぼし(ほくとしちせい)とおっぱいぼし(カシオペア座)』も続けてどうぞ。

科学読物研究会
運営委員長
坂口 美佳子

「子どものための科学の本の研究、普及」を目的に活動する科学読物研究会(1968年発足/現在の会員は280名)で、運営委員長をつとめる。
「科学の本と体験のキャッチボールを」をモットーに、2018年度は年間270回活動。幼児からの科学あそびや、小・中・大学の授業、図書館員や児童館職員、読み聞かせボランテイア対象の研修会なども行う。科学読物研究会、仮説実験授業研究会「開楽クラブ」会員。著書に『理科読をはじめよう』(滝川洋二編、共著、岩波書店)、『科学のふしぎ 1』(フレーベル館)、『いのちと福祉のねだん』(大月書店)など。