書籍『グローバル・グリーン・ニューディール─2028年までに化石燃料文明は崩壊、大胆な経済プランが地球上の生命を救う』の画像

グローバル・グリーン・ニューディール─2028年までに化石燃料文明は崩壊、大胆な経済プランが地球上の生命を救う

ジェレミー・リフキン(著) 幾島幸子(訳)

NHK出版

2020年

2021 つながる地球

3-13

教えて、リフキン先生!
脱炭素で世界はどうなるの?

化石燃料文明は2028年頃崩壊し、世界中の国も経済もガラリと変わる。新しい時代の主役は、脱炭素、スマートインフラ、そしてグリーン・ニューディールだ。西洋各国の首脳・政府高官アドバイザーとして影響を与え続ける文明評論家リフキンが、次世代を生き抜く大胆なロードマップを示す。

推薦コメント

今まさにG20で議論されている温暖化対策。タイトルは、アメリカの世界恐慌対策のニューディール政策に因んだものです。現在の環境変動は、恐慌前夜なのかもしれません。炭素社会の終焉での再生可能エネルギー、IT等、中国、EUにアメリカを含む全国が加わって進むべき方向性について多くの引用文献をもとに読みやすく書かれています。

「松井 南さん」の画像

松井 南

環境資源科学研究センター 合成ゲノミクス研究グループ グループディレクター

あわせて読みたい

つながる地球