menu

「科学道100冊」が「2020年度グッドデザイン賞」を受賞

「科学道100冊」が「2020年度グッドデザイン賞」を受賞

理化学研究所(理研)と編集工学研究所が展開する「科学道100冊」が、このたび2020年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。

科学道100冊ロゴ

「科学道100冊」が「グッドデザイン賞」に

科学道100冊プロジェクトでは、書籍を通じて、科学者の生き方や考え方、科学のおもしろさや素晴らしさを届けることを目指し、選りすぐりの本を紹介しています。
理研創立100周年の2017年に、中高生からビジネスパーソンをメインターゲットとした「科学道100冊」、小学生向けの「科学道100冊ジュニア」をそれぞれ発表しました。これらは全国の書店・図書館・教育機関などで大変好評を得るとともにさまざまなメディアにも取り上げられました。
そして2019年からは中高生をメインターゲットにした毎年恒例の企画としてリスタートし、2019年度版「科学道100冊2019」に続き、2020年9月18日に2020年度版「科学道100冊2020」を発表しました。
 
今回の受賞では、一般的な科学書にとどまらない選書、遊び心溢れるデザインで100冊を紹介するブックレットや書棚ツールの制作など、多くの人たちに良書との出会いを演出し、科学の魅力を伝えたことが高く評価されました。
グッドデザイン賞ロゴ
■審査員からの評価コメント
本を入口にすることで、若い世代が気軽に科学の世界に触れられるようプロジェクトが設計されている。選書には、哲学書や専門書とならび漫画や絵本が並ぶ。科学が好きな子どもはもちろん、あまり関心がない、科学が苦手という子どもまで、幅広い層が興味を持つように考えられたラインナップだ。科学の専門家を揃え、丁寧に選書した成果だろう。好奇心を刺激する展示ツールなど、ワクワク感を演出する演出も見逃せない。すでに全国500箇所での実施実績もあり、活動が広がることによって、将来科学を志す子供たちが増えることを期待したい。
 

プロジェクト開催実績

科学道100冊プロジェクトはこれまでに4つの企画を実施してきました。
 

科学道100冊 2017
■「科学道100冊 2017」(2017年2月~2018年3月)
科学者の思考プロセスを六つのステージで取り出してそれを軸に100冊を選出しました。
全国428カ所で開催(教育機関89校、図書館193館、書店146店)
「科学道100冊 2017」のラインナップ

 

科学道100冊 ジュニア
■「科学道100冊 ジュニア」(2017年10月~2018年3月)
幼児から小学生をメインターゲットに、科学の入り口となる100冊を選出しました。
全国757カ所で開催(教育機関138校、図書館251館、書店368店)
「科学道100冊 ジュニア」のラインナップ

 

科学道100冊 2019
■「科学道100冊 2019」(2019年9月~2020年3月)
2019年からは毎年恒例の企画としてリスタート。旬なトピックなどをもとに選出した「テーマ本」50冊と「科学道クラシックス」50冊の合計100冊を選出しました。2019年の三つのテーマは「元素ハンター」「美しき数学」「科学する女性」です。
全国447カ所で開催(教育機関194校、図書館211館、書店33店)
「科学道100冊 2019」のラインナップ

 

科学道100冊 2020
■「科学道100冊 2020」(2020年9月19日~)
2020年度の100冊は、旬のトピックなど三つの軸で選んだ「テーマ本」50冊と、時代を経ても古びない良書として選んだ「科学道クラシックス」50冊で構成されています。2020年の三つのテーマは「驚異のカラダ」「宇宙フロンティア」「世界を変えた科学者」です。
「科学道100冊 2020」のラインナップ

 
科学道100冊プロジェクトではこれからも、科学の魅力を伝えるとともに、豊かな読書体験を広めるための活動を続けていきます。